新着情報

藤沢簡裁で過払い訴訟

今日は、藤沢簡裁での過払い訴訟に行って来ました。
被告の和解案に対して依頼者が同意していたため、
訴訟自体は和解に代わる決定で終了しました。

実は、今日書きたかったのは、このことではなくて、
法廷に入る前に簡裁の玄関にある開廷表を見て思ったこと。

今年に入って強まってきた傾向だと思うのですが、
ここにきて業者事件(貸金業者が原告の事件)が、
またずいぶんと増えてきたなぁという印象を受けています。

相次ぐ過払い請求や貸金業法の総量規制により、
経営が苦しくなった業者が、延滞者からの回収に
より一層力を入れているのでしょう。
一人の担当者が10件近くの被告を相手に原告席に長時間・・・・・
なんて光景もめずらしくないです。

もし、延滞してしまって業者に訴えられたら、
専門家のところに駆け込むのが一番かもしれませんが、
ご自分にも出来ることはあります。

1.裁判所から支払督促が来たら、とりあえず異議は出す。
2.訴状が来た場合は、同封の答弁書は必ず出す。
3.期日には必ず出廷して、分割払いのお願いをする。

「明日が期日で司法書士の所に行くこともできない!」などという
切羽詰った状況の場合でも、「3」だけはした方が良いです。
出来れば、この程度の分割であれば可能だという根拠として、
給料明細等を持参できればなお良いと思います。
これで、絶対に和解が成立するとは言い切れませんが、
仮に答弁書も出さずに欠席すると、判決となって給料等を
差押えられてしまう可能性が高いので、それよりはマシです。

実際、今日傍聴席で見ていた限りでは、
被告で出廷していた方は一人もいませんでした。。。。。
「判決書が行ったらどうするのかなぁ。。。」と、
自分の依頼人ではなくても気になるところです。

以上は分割なら支払えるという方向けの対応ですが、
他に借金がたくさんあるとか、収入が無いという事情等で、
そもそも分割さえも無理という場合は、破産や個人再生などの
別の方法を考える必要がありますので、業者に訴えられたら
早めにお近くの専門家に相談されることをお勧めします。

もちろん借金が返済できなくなった時点で、訴えられる前に
相談していただくのが一番良いのですが。。。

公開日:

ご相談・お問合せはお気軽にどうぞ  無料電話相談・お問合せ 046―262−4181 (平日)9時~20時
このページの先頭へへ戻る
債務整理、過払い金請求、相続登記は
神奈川県大和市の木村司法書士事務所
木村和昭司法書士事務所
〒242-0016
神奈川県大和市大和南2丁目6番21号
TEL:046-262-4181
E-mail:shihou@kimura-jimusho.com