特別代理人選任

特別代理人選任とは

イメージ未成年者が遺産分割協議や相続放棄といった財産に関する法律行為をするときは、単独ですることはできず、親権者が法定代理人として未成年者に代わって手続をするのが原則です。しかし、親権者の片方の死亡などにより、未成年者ともう片方の親権者が共同相続人となるような場合には、利益が相反するため、親権者が法定代理人となることは認められません。このような場合は、家庭裁判所に特別代理人を選任してもらい、この特別代理人が未成年者を代理して遺産分割協議などの法律行為を行います。

特別代理人の選任が必用な場合

イメージ特別代理人は、未成年者と親権者の利益相反の場合に選任が必要となりますが、後見人と被後見人間の利益相反などでも選任が必要です。ただし、ここでは、未成年者の場合において選任が必要な主な事例を挙げます。

  • 未成年者と親権者間での遺産分割協議
  • 親権者が同じである複数の未成年者間での遺産分割協議
  • 未成年者と親権者間での不動産売買
  • 未成年者のみの相続放棄(同時又は事前に親権者が相続放棄をする場合を除く)

特別代理人選任審判の申立人

イメージ申立人は、親権者、後見人、利害関係人です。

特別代理人候補者について

特別代理人は家庭裁判所で選任されますが、申立時に候補者を立てる必要があり、通常はこの候補者が選任されます。候補者は利害関係人以外であれば特に資格に制限はありませんが、未成年者の場合は、祖父母や叔父叔母などの親族がなることが多いです。

遺産分割協議の場合の注意点

遺産分割協議のために特別代理人を選任する場合は、遺産分割協議案を添付しますが、この協議の内容には注意が必要です。原則として未成年者に不利になるような分割内容(未成年者の取得分が法定相続分を下回るようなもの)では、特別代理人の選任は認められません。しかし、親権者がその未成年者の一切の生活の面倒を見ているというような事情があれば、認められる場合もあります。このような場合は、申立時に上申書等で事情を説明する必要があります。

特別代理人選任手続の流れ

司法書士は家庭裁判所への提出書類を作成することができます。
当事務所での特別代理人選任手続の流れは以下の通りです。

STEP01特別代理人選任手続のご依頼

当事務所へ特別代理人選任手続をご依頼のお客様は、お電話にてご予約下さい。

また、これに続く遺産分割協議による相続登記がある場合には、固定資産税評価額が分かれば、この費用のお見積もりを致します。

矢印

STEP02必要書類の収集・特別代理人選任審判申立書の作成

申立人の方より戸籍等の必要書類をお預かりし、不足書類については当方にて職権で収集します。その後、特別代理人選任審判申立書を作成します。
(特別代理人選任審判申立の必要書類についての説明はこちら。)

矢印

STEP03特別代理人選任審判申立て

特別代理人選任審判申立書及び添付書類を家庭裁判所に提出します。
提出する家庭裁判所は、未成年者の住所地を管轄する家庭裁判所です。

矢印

STEP04照会書の送付、回答

申立がなされると、家庭裁判所は審判に至るまでに審問や書面による照会を行います。裁判所に呼び出しての審問はほとんどありませんが、書面による照会は行われることがあります。また、特別代理人候補者に対しては、選任を承諾するかどうかの書面による照会がなされます。

矢印

STEP05審判

申立に問題がなければ選任の審判が下り、特別代理人選任審判書が交付されます。その後は、特別代理人が未成年者等の代理人として、遺産分割協議等の法律行為を行います。

未成年者の特別代理人選任審判申立手続に必要な書類

  書類名 入手場所
n01 未成年者及び親権者の戸籍謄本
本籍地の市町村役場
n02 特別代理人候補者の住民票
住所地の市町村役場
n03 利益相反に関する資料
 (遺産分割協議書案など)
作成する
※戸籍謄本等は当事務所で手配が可能です。
但し、別途取得手数料がかかりますので、お客様のお近くの役所で取れるものについては、お客様で取得していただき、残りのものについては、当事務所へ取得をご依頼なされることをお勧め致します。

特別代理人選任手続の費用についてはこちらをご覧下さい)

ご相談・お問合せはお気軽にどうぞ  無料電話相談・お問合せ 046―262?4181 (平日)9時~20時
このページの先頭へへ戻る
大和市、座間市、海老名市、綾瀬市など
神奈川の相続登記、特別代理人選任による遺産分割協議等の相続手続は
神奈川県大和市の司法書士事務所
木村和昭司法書士事務所
〒242-0016
神奈川県大和市大和南2丁目6番21号
TEL:046-262-4181
E-mail:shihou@kimura-jimusho.com